2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
同じ自動売買を行って勝てる人・負ける人
2008/12/21(Sun)
さてさて、今日は

同じ自動売買を行っても勝てる人負ける人についてお話します。

私は現在


トレードスタジアムを利用した完全自動売買が6つ

カブドットコムを利用した完全自動売買1つを開発起動しています。

もし、このようなシステムを私と他の人が同じように利用しても
今日の私のタイトルのように勝てる人負ける人が確実に現れます。

それは勝率の低いシステムを使う事が出来ないからです。
勝率とは重要ですが勝率より重要なのが負けを認める事。

変な話100%のシステムって作れます。
それは負けを認めず塩漬けにしていればいいからです。『SQがある!なんて言わないでね(汗)』

負けを認めるとはシステムへ防御を教える事になりますので
防御=損切りですから、勝率は確実に低くなります。

勝率が低いシステムとは連勝もありますが連敗も続くという事です。


単純に勝率50%のシステムをコインの裏表で表わすと

Aパターン【●○●○●○●○●○】
Bパターン【○○○○○●●●●●】

AもBも同じ50%です。

同じ自動売買でも負ける人はBパターンの5連敗を経験した時点で
そのシステムを信頼できなくなり、やめてしまうからなのです。

そんな経験ありませんか。私も経験しました(笑)

今までの経験から3連敗以上でシステムを信用しなくなる人が多いです。
何年も検証したシステムなのに、たった3回の連敗で人はシステムを疑い始めるのです。



せっかく利用してるシステムなら信じる事は大切な事です。

今日はこの辺で・・・。。。

少しステップアップして次回は『逆にシステムを疑う時!』
スポンサーサイト
この記事のURL | 自動売買を理解する | ▲ top
| メイン |
レーシック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。